LINE掲示板で彼女を作った

就活における面接試験に向けての心構えみたいでちょっと気恥ずかしいのですが、出会い系サイトにおいて女の子に好印象を与える為のポイントをまとめてみました。

人気№1
らぶらぶメール
>>詳しい情報はこちらから
人気№2
SWEET LINE
>>詳しい情報はこちらから
人気№3
ステップ
>>詳しい情報はこちらから

まず、自分の事を端的に相手に伝える事。この場合、自分の欠点やコンプレックスなどマイナス要素は全く伝える必要ありません。ネガティブな要素は一切出さずに自分の特徴を伝えるのです。そして“端的に”というところも重要です。相手の女性はケータイで見ている事も充分考えられるので、長文は禁物なのです。それだけで、もう読んでくれません。出来るだけ手短に書きましょう。
そして次に相手の女性のプロフィール内容やメールの内容に反応を示す事。これも重要です。プロフィール内容に触れる事で「誰でもかれでもいいから女の子と仲良くなりたいわけじゃない。アナタに興味を持ったのだ」という事をアピールするのです。それと、メールの内容に触れる事で相手に「この人は私の話しをきちんと聞いてくれている」という印象を与えるのです。この二つでかなり好感を得られる筈です。
そして、最後に意外と軽視しがちなのが、ハンドルネームやニックネームです。サイト登録時に、その場で適当に考えてつけてしまうと、何やら下品な言葉や響きのものになってしまったりもします。これでは相手の女性は引いてしまいます。何と言っても書き込みの見出しやメールの件名と同じく、一番最初に目につくものですから。親しみの持てるような、または響きが可愛い、そして自意識過剰と思われないような、そんなネームをあらかじめ考えておくべきでしょう。

ライン掲示板での出来事

僕は現在34歳の会社員。2年前に結婚しました。まだ新婚気分も冷めない状態なんですが、えらいコトになってしまいました。僕は比較的早くに少し出世しまして、会社の西日本地区営業部長という立場になってます。それで、西日本の各支社に時折訪れては、営業会議に参加することになってるんです。そうですね…月の半分くらいは関西や九州に行ってます。それで、この間九州に行った時に、夜ホテルでヒマだったんで何気なく出会い系サイトを覗いてたんです。
九州ではどんな女の子が登録してるんだろ?と思って。まあ、どこも大差ないのは分かってましたが。それで、つい出来心で何人かの女性にメールを出してしまったんですね。すると一人の女性からすぐに返信がありました。その女性とメールのやり取りが始まったわけです。彼女も既婚者でした。東京に帰ってからもメールでどんどん親しくなっていき、今度九州に行く時に会おうってことになりまして。
その人妻さんとは、今も九州出張のときには必ず会ってます。なんせコチラとしては地元とは違うんで気楽なんです。あ、もちろん彼女は地元なんで、それなりに人目は気にしますが。新婚夫婦でありながら、現地妻みたいな女性を作ってしまったんです。妻に対する罪悪感はもちろんありますが、おそらく九州妻の方も相当な罪悪感でしょうね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ